ディープクレンジング
プラセンタオアシスシャンプー澡シャンプー
LOGIN
NEWS
▼2017/05/15

title送料改定のお知らせ

この度、提携配送業者より運賃値上げの申し入れがあり、慎重に協議を重ねた結果、大変心苦しい限りではございますが、平成29年6月1日9:00以降のご注文より新送料でのご請求とさせていただく事を決定致しました。ご了承のほど宜しくお願い致します。⇒お買い物ガイド

▼2017/05/02

titleGWについて

5/3~5/7までお休みさせて頂きます。連休中のお問合せ・発送手配は休み明け5/8(月)に順次対応させて頂きます。ご不便をお掛けしますが宜しくお願い致します。

▼2017/03/10

title配送所要日数について

佐川急便の配送所要日数の変更がございます。オーセルの受発注処理は変更なく最短にて発送処理致しますが、ご了承のほど宜しくお願い致します。⇒お買い物ガイド

▼2016/12/07

title年末年始について

12/27(火)~1/5(水)迄休業させて頂きます。
12/27(火)AM9:00迄のご注文は12/27発送、それ以降~1/5(水)AM9:00迄のご注文は年明けの翌営業日より順次発送致します。12月は運送会社の繁忙期ですので地域によって遅延が発生することもございます。ご了承のほど宜しくお願い致します。

▼2016/11/02

titleSNSはじめました

FacebookInstagramをスタッフでアップしていきますのでチェックしてくださいね☆もっと身近にオーセルを感じて頂ければ幸いです☆

▼2016/09/16

title新商品出ました

骨と関節にお悩みの方へ☆健康サポートの栄養機能食品の登場です! ⇒骨太宣言

▼2016/09/01

title台風10号の影響による配達について

台風10号の影響により、集荷・配達不能が発生しております。ご予定通りに到着できないことがございます。ご迷惑をお掛けいたしますが、ご了承の程よろしくお願い申し上げます。詳細は⇒佐川急便

▼2016/08/04

titleお盆期間の配送について

8/13(土)~16(火)は夏季休業とさせて頂きます。
8/12(金)9:00迄のご注文は8/12発送、
それ以降から16(火)9:00迄のご注文は8/16発送となりますのでご了承下さい。

▼2016/05/16

title澡パッケージリニューアル

ポンプパーツが変わりました。製品自体の中身(成分内容)・内容量・価格は一切変わりございません。今後とも澡シリーズをよろしくお願い致します。

▼2016/03/16

title医薬部外品商品販売開始

医薬部外品のシャンプーと育毛剤を販売を開始致しました!薄毛・頭皮臭・フケやかゆみでお悩みの方は是非。 ⇒薬用シャンプーSOU ⇒薬用育毛剤SOU

通常商品一覧 定期商品一覧
MENU

お買い物ガイド 定期購入ガイド シャンプーの知識 髪について よくある質問
美肌ジェルでしっかり落とす潤いクレンジング

植物性ヒアルロン酸と、ヒアルロン酸NaのW(ダブル)ケアによる高い保湿力を実現。
そして、美肌ケアに優れたジラウロイルグルタミン酸リシンNa配合で肌のきめを整え。メイクや紫外線によってダメージを受けた素肌を優しくケアします。お肌に優しい成分で、満足の洗浄力を実現。

クレンジング 使用方法 ポイント







竹のミネラル水
肌に優しいこだわりのミネラル水。ミネラルバランスが非常に良く肌や髪にしっとりとした潤いを与えます。美肌効果もあり、お肌の弱い方にでも安心できる水を厳選しました。
ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル
洗浄剤として使用される成分。
BG
BGとは正式名を「1,3-ブチレングリコール」といいます。多価アルコールの一種で水との馴染みもよく、保湿効果があります。アルコールなのでエタノール同様、制菌作用あり防腐剤効果があります。
PEG-20ソルビタンココエート
優れた乳化能を有する非イオン界面活性剤で、洗浄助剤として使われる。クリームや乳液に使用されたり石鹸やシャンプーにも使われる。
PEG-6(カプリル/カプリン酸)グリセリル
乳化剤や洗浄剤として用いる。分子量が大きく肌にやさしいが口に入ると苦い。
グリセリン
最も古くから用いられてきた保湿剤であり非常に吸湿性が高く現在も多くの化粧品に用いられている。肌に対して潤いを与えしっとりとした触感を与える。
スイカズラ花エキス
スイカズラの花から抽出されるエキス。一般的に利尿・解毒・殺菌の目的で用いられる。化粧品に応用すると、収れん作用・抗菌作用・発汗、洗浄作用がある。また、成分中のタンニンは美白効果もあり、洗顔料、クリーム、乳液などにも用いられる。
サンショウ果実エキス
山椒の実を抽出精製した植物エキスです。血行を促す効果や抗菌・防腐、収れん効果が得られます。
また、頭皮に刺激を与え育毛を促す効果も持つ。保湿剤としてヘアケア化粧品などに使用されることも多い。
プルサチラコレアナエキス
ヨーロッパの中部からウクライナ地方が原産の植物エキス。 エキスを鎮静作用や抗けいれん作用を持ち欧州の民間薬として用いる。
グレープフルーツ果実エキス
グレープフルーツの果実から抽出したエキス。精油やビタミンA・C・P有機酸類などの成分を含み皮膚をなめらかに柔軟化させる作用があり、化粧水やクリーム、パックなどに使用されます。
カルボマー
水溶性高分子で眼粘膜・肌に対する刺激はほとんどない。増粘効果・品質の均一性・温度変化に対する粘度の安定性に優れ現在、増粘剤として最も多く用いられています。
オクラエキス(植物性ヒアルロン酸)
オクラの果実から抽出してエキス。保湿性に優れヒアルロン酸産生促進作用と荒れ肌改善作用も持ちます。
銀(シルバーナノコロイド)
不安定なシルバーイオンに比べて安定性の高いシルバーナノコロイドはほかの成分との組み合わせで防腐力や消臭効果をきわめて向上させながら貴金属特性のマイナスイオン効果によって洗浄力の向上や刺激成分を和らげる効果を持ち製品を非常にマイルドに仕上げてくれる成分です。また老化や脂肪分の酸化による臭いのもとを分解消臭します。
ヒアルロン酸Na
1グラムで約6,000倍の驚異的な保水力を持ち水分保持能力の主役となる成分です。みずみずしさを保つ保湿成分として、化粧水や美容液でも多く使われています。高い保湿力を持ち油分とは違うしっとりとした質感を引き出します。
オウゴンエキス
シソ科の植物コガネバナの根(オウゴン)から抽出したエキス。 消炎・抗炎症・収斂・保湿・細胞賦活・抗アレルギー・抗菌などの働きがあるとされる。また、これらの作用に加えて、ニキビなど皮脂の分泌の原因となる男性ホルモンを抑制し、ニキビなどの肌トラブルを抑え、無駄毛予防も期待される。エイジングケアとしての、光加齢防止・UV防御・抗酸化・美白といった働きも期待され他の植物エキスと相乗効果を発揮する。
セイヨウオトギリソウエキス
オトギリソウの花または全草から得られるエキス。西洋では古くから止血やうがいなどに使用されております。日焼け予防・収れん・消炎作用・脂肪合成抑制作用などがあり化粧品に広く使われています。
カミツレ花エキス
カミツレの花から抽出して得られるエキス。保湿効果や消炎・収れん・血行促進の効果がある。さらにシミ、ソバカスなどの色素沈着を抑える働きを持つ事も報告されています。
シナノキエキス
ボダイジュの花または葉から抽出して得られるエキス。エキスには粘液質、タンニン、フラボノイドなどを含有し、保湿作用収れん作用・血行促進作用がある。
トウキンセンカ花エキス
キク科のトウキンセンカの花から抽出されるエキス。成分にはカロチノイド・サポニン・トリテルペノイド・フラボノイドを含み消炎作用・鎮痛作用・洗浄作用がある。化粧品に配合するとお肌にうるおいを与えしっとりとさせる。
ヤグルマギクエキス
ヤグルマギクはキク科の植物でヨーロッパではヤグルマソウとも呼ばれる。消炎作用・保護作用・収れん作用があり、肌荒れを防ぎ清涼感を与え肌を滑らかにします。
ローマカミツレ花エキス
ローマカミツレの花から抽出して得られるエキス。フランスで最もよく使われる薬用植物のひとつ。化粧品に配合すると抗炎症作用、肌の新陳代謝促進作用、抗菌作用がある。過敏肌、乾燥肌の基礎化粧品に用いられる。
ドクダミエキス
ドクダミの葉や茎から抽出されるエキス。抗菌・抗炎症・収れん・抗酸化作用に優れているとされ基礎化粧品・石鹸・洗顔料に広く配合されています。化粧品では肌荒れ・ニキビを防ぐ目的で広く配合されています。利尿作用・解毒作用があるため、民間薬のほか、漢方にも使用されています。
ジラウロイルグルタミン酸リシンNa
肌や髪の組織構成に似ている補修・保護成分です。浸透・吸着性が高、ダメージを受けて傷んだお肌のキメを整えます。
また優れた水分保持・ダメージ補修・保護効果を発揮し浸透・吸着性に優れ残存性も非常に優れた成分です。
コラーゲン(ナノ化コラーゲン)
ナノとはサイズのことで1ナノメートルとは10億分の1メートルの値になります。お肌の真皮層まで到達させるために小さくしたコラーゲンです。細胞の直径や細胞間の直径を下回るサイズまで細かくしているため真皮層まで十分に到達して作用するようにしています。コラーゲンは増殖しやすい性質であるため浸透することで生成機能を活性化させます。
香料(天然精油)
天然の植物を原料として水蒸気蒸留法・圧搾法などの方法で含まれている有香成分を抽出。 枝葉・樹皮・樹幹・果実・種子・全草などからそれぞれの精油が得られます。

※ 各成分内容の働きは、一般的な特性・効能を述べたもので、製品等に配合した場合、必ずしも記載された機能を果たすとは限りません。